転職

転職サイトに登録したら絶対にやるべき2つのポイント

本記事は、前回の「【大手サイトだけは危険!?】未経験データサイエンティスト転職の注意点」の転職サイト登録後にやるべきことを書いた記事です。

 

転職サイトに登録してみたぞ。とりあえず今の自分の職種と希望年収とかだけ登録しておけばいいかな。

 

こう考える方は多いと思います。というか、数年前に1度自分が転職サイトに登録したときがまさにこの状態でした。
Hawaii

 

本記事では、「今すぐ転職を考えている人」「今は本気では転職は考えていない人」も、「最低限これだけはやっておくべき」2つのポイントを紹介します。

 

■筆者の紹介

私は前職は全くの異業種で働いていましたが、2020年4月からビジネス寄りのデータサイエンティスト(AIコンサルタント)として転職をしました。

 

本記事で書いている内容はすべて私の実体験を踏まえた内容ですので、信頼性も高いと考えています。

 

本記事の目次は以下の通りです。

1.自分の所属する会社から自分を閲覧できないように設定する

Hawaii
いきなり小手先の話で申し訳ないのですが(本題は次の章です)、「転職を考えていることを会社にばれたくない場合」はまずはこれを真っ先にやりましょう!!

 

私は初めて転職サイトに登録したときにここまで頭が回らず、何もやっていませんでした。さすがに会社には気づかれていないと思うのですが、この後紹介する2つ目のポイントの

「職務経歴書」を書くと、場合によっては

 

あれ、これって・・・Hawaiiさん・・?

 

と、ならないとも言い切れません。

※自分の本名等は基本的には非公開になっていますので、個人情報から個人が企業に特定されることはありません。

 

基本的に、どのサイトでもマイページから「企業ブロック」のような項目がありますので、

「会社に知られたくないな」という場合は、最初に設定しておきましょう

 

たとえ自分の会社が今はその転職サイトを利用していなくても、将来的に使う可能性がありますので設定しておけば安心です。

 

■補足情報

あまりないケースだと思いますが、私は転職活動を始めた当時、グループ会社も兼務していました。

グループ会社をブロック設定することは最後まで忘れて転職活動していたので(笑)、

当てはまる方がいた場合は注意してください。

 

2.職務経歴書を書くこと

こちらが今回の本題です。

どの転職サイトも、多少名前は違うと思いますが、

 

「職務経歴書」

 

という、「今まで自分はどんな仕事をしてきたのか」を自由記述する項目があります。

 

多くの方は、一旦登録だけしておいて、この職務経歴書が空欄のままだと思います。

 

Hawaii
ただ私は、「今すぐ転職を考えている人」も「今は本気では転職は考えていない人」も、短くてもいいから職務経歴書は書いておくべきだと強く感じます。

 

その理由を紹介していきます。

 

(1)自分のキャリアの整理ができるから

今まで、自分はどんな仕事をしてきたのか

転職活動でもしない限り、なかなか整理する機会は少ないと思います。

 

文字にしてみると、書きながら、

 

「ああ、あのときこんなことがあったな」

「この仕事は楽しかったな」

「この仕事は本当にストレスだったな・・」

 

と、色んな記憶が蘇ってくると思います。

そんなことを考えながら書くと、

 

「こういうことをしてみたいな」

「自分はこういうことに向いているのかもな」

 

と、新たな発見をする可能性が高いです。

 

Hawaii
私は3か月に1回、最低でも半年に1回は仕事の振り返りをするのですが、必ず紙とペンを持って文字に起こすようにしています。

 

それは、今お伝えしたとおり、「自分に対する新しい発見」をすることも目的の1つです。たいそうなことを書く必要は全くないので、是非、気軽に自分のキャリアの棚卸をしてみてください。

 

(2)特別オファーが届きやすいから

こちらは、より直接的なメリットです。

「今すぐ転職を考えている人」「今は本気では転職は考えていない人」に分けて解説していきます。

 

■今すぐ転職を考えている人が、職務経歴書を書いた方がいい理由

これはわざわざ解説しなくてもわかる気もしますが、ぶっちゃけ、転職サイトを通じていただくいわゆる「普通のオファー」はあまり効果がないと捉えていいでしょう

※もちろん、例外はあります。あくまで確率的な話です。

 

Hawaii
基本的には、普通のオファーであれば企業はあらゆる人に面談依頼を出しまくれるので、「数打てば・・」の精神で、かなり大量に送られてきます。

※細かい制約やルールはわかっていないのですが、少なくとも次に紹介する「特別オファー」よりはハードルは確実に低いです。

 

一方、「特別オファー」は転職サイトによって名前が異なりますが、「プレミアムオファー」「プレミアムスカウト」「プラチナスカウト」のような名前が一般的でしょうか。

 

こちらの場合は、好き勝手に何通も送れるわけではないので、「この人、良いかも」と思われた場合に送られてくる確率が比較的高いです。

 

そして当然、「この人、良いかも」と思われる最大のポイントは職務経歴書です。
Hawaii

 

正直、プルダウンで選べる経験職種や資格だけを見て、その人がどんな人かなんてわかりませんよね。

ですので、職務経歴書を書くことは、転職を真剣に考えている方にとっては必須と言えます。

 

■今は本気では転職は考えていない人が、職務経歴書を書いた方がいい理由

私も一昨年、本気で転職までは考えてないけど、なんとなく転職サイトに登録したことがあります。

 

その時の本心は、ぶっちゃけこんな感じでした。

 

Hawaii
今の私って、どれくらいの年収で、どんなオファーがもらえるんだろう?

 

なんとなく転職サイトに登録するときって、大抵、こんな考えの方が多いのではないでしょうか。

 

そしてこの「今の自分にどれくらいの市場価値があるのかを知ること」は、今すぐ転職を考えていない場合でも非常に重要です。

 

なぜならば、「自分の市場価値」を知っておけば、例えば今後何か仕事で苦しいこと・耐えられないことがあった時に、「本当に無理だったら、転職すればいいや」と、ある意味気楽に考えることができるからです。

 

逆に、自分の市場価値を知らないまま過ごしていると、何かあった時に、「自分なんて転職できっこない・・ここで頑張るしかないんだ」と閉塞的に考えやすくなってしまいます。
Hawaii

 

私がまさにこの負のループに一時期入ってしまいました。

それでは、転職サイトに登録した後に「自分の市場価値を知る」にはどうすればいいのか

 

そう、職務経歴書を書くことです。

 

「今すぐ転職を考えている人が、職務経歴書を書いた方がいい理由」でも解説しましたが、エージェントの方は、プルダウンで選べるような「経験職種」「資格」だけではその人のことがわからず特別オファーが非常に届きにくいです。

 

Hawaii
特別オファーは、エージェントの方が「この人、良いかも」と思った人に送っていただけるので、「自分のキャリアだと、こんな選択肢もあるのか」と知れる良い機会になります。

 

逆に、特別オファー以外の普通の「面談依頼」等は、「自分のことを良いと思って送ってきたわけではない」と基本的に考えましょう。

 

「数打てば・・」の精神で、相当な人数に送られています。

 

まとめると、

今後自分に何かあったときに”転職”の選択肢を気軽に持てるようにするため」に「自分の市場価値をある程度正しく把握する」ことが大切で、

 

そのために「職務経歴書を書いておくことは重要」だと私は考えます。

 

Hawaii
そんなにたいそうなことを書く必要はないので、ソファに寝転がりながら、気軽に書いてみましょう!

 

3.まとめ

いかがでしたでしょうか。

転職サイトに登録したら、まずやることは以下2つでした。

 

ポイント

1.自分の所属する会社から自分を閲覧できないように設定する

2.職務経歴書を書くこと

 

1は小手先の話ですが、2は今後の自分のキャリアを考える上でも、非常に重要です

 

是非、転職をまだ本気では考えていない方も職務経歴書を書いてみてください!

 

Hawaii
以下の記事では「まずはこれでOK」という職務経歴書の書き方を紹介しているのでこちらも是非チェックしてみてください。

 

未経験からデータサイエンティストに転職するためのロードマップ販売中

未経験からデータサイエンティストに転職した私のノウハウを凝縮したロードマップをnoteで販売中です(1,280円)。

巷にあふれる「勉強法」だけでなく、「勉強した内容をどのように実務で実践し」「転職ではどのような点が評価されたのか」といった入手困難な情報を、「私のリアルな実体験」としてお届けしています。

わずか4日間で60名超の方に購入頂きました!

ロードマップの無料部分を見てみる

-転職

© 2021 データサイエンス はじめの一歩 Powered by AFFINGER5