転職

【大手サイトだけは危険!?】未経験データサイエンティスト転職の注意点

自分でもデータサイエンティストってなれるのかな。
まずは転職サイトに登録してみるか!とりあえずリ〇ナビとマ〇ナビに登録しとけばOKだよね!

 

こう思われる方は多いのではないでしょうか。

本記事では、「未経験からデータサイエンティストに転職をしたい人」

 

「大手転職サイト以外の転職サイトも活用した方がいい」理由について、

 

私の実体験を踏まえて紹介していきます。

世の中の転職サイト関連の記事は、

 

「それ、誰の話なの?」「本当にあった話なの?」

 

と疑わしい内容が多いなと思います。

特に、データサイエンティストへの転職に絞ってみると、

 

いわゆる”一次情報(著者本人の体験)”を扱っている記事は非常に少ないです

 

私は実際にビジネス寄りのデータサイエンティスト(AIコンサルタント)として未経験転職を果たしましたので、

本記事は「すべて私の実体験をもとに」書いており、信頼性も高いと思っています。

 

本記事の目次は以下の通りです。

 

1.未経験からデータサイエンティストに転職する場合、転職サイトは大手だけだと危険な理由

結論から書きます。

 

未経験からデータサイエンティストに転職したい場合、

 

「転職サイトは大手”だけ”だと危険だ」と、私は自分の転職活動を経て思いました

 

その理由は、「データサイエンティストへ転職」という実績自体が、世の中的にまだまだ少ないからです

 

どういうことか、説明していきます。

 

転職活動におけるエージェントは当然、

 

転職志願者本人が希望する業界・職種への転職事情について精通している必要がありますよね。

 

ただ、先ほども書いたとおり、「データサイエンティストへ転職」という実績自体が、その他の職種と比較すると、世の中的にまだまだ少ないです

 

そうすると、必然的に「データサイエンティスト転職」を扱った経験豊富なエージェントも非常に少ないのが実情です

 

これは、自分自身が様々なエージェントの方とお会いして、痛感したことです。

 

つまり、「転職活動の成功確率」を高めるためには、

 

「データサイエンティストに転職させた」実績を豊富に持つエージェントと出会うことが限りなく必須になってくるので、

 

経験豊富なエージェントと出会う確率を高めるために

 

「転職サイトは大手だけを使うのではなく」、「その他のサイトも使いこなす」べきだと私は強く思います。

 

とはいえこの説明だけだと、あまりぴんと来ない方も多いと思います。

 

次の章で、実際に私が体験したことをお伝えします。

2.【実録!】本当にあった私の転職活動体験談

私は未経験からの転職だったため、転職活動においてはエージェント選びが非常に重要だと考えていました

 

ですので、実際に企業の選考に進む前の過程でも、複数のエージェントの方とまずはお会いしていました

 

今からの話は、とくに転職未経験者の方からすると

 

「え、そんなことあるの?」と思われる気がしますが、

 

ウソの様な、本当の話です。

 

ここからの話は、

 

「データサイエンティストへの転職」に詳しくないエージェントに任せると、自分の時間、ひいては人生を無駄にする可能性が限りなく高い

 

ということを書いています。

 

業務内容に「データ分析」「データサイエンティスト」と書いているだけで面接をごり押ししてくるエージェント

このエージェントの方は女性の方でした。

 

転職サイトからご連絡いただき、対応自体は非常に丁寧で信頼できそうと感じたので、実際にお会いしていただきました

 

ただ、実際はその場で、おそらく社内の専用検索ツールに

 

「データサイエンティスト」「データ分析」と打ち込み、

 

表示された企業からの募集要項を印刷→それらを机に並べられ、こう言われました。

 

Hawaii
「えーっと・・・そうですね、このあたりの企業とかは”データサイエンティスト”とかを募集してますね・・一旦受けてみましょうか」

 

・・・そんな説明で、いいわけないだろう!!!

 

と、めちゃくちゃ心の中で突っ込みました。

 

私も転職経験がなかったので若干その場の空気に飲まれそうになりながら、勇気を出して言いました。

 

あ・・いや、ちょっと仕事の内容のイメージがさすがにこれだけだとわからないなーって、思ったりしました・・・はい・・

 

そうすると、すかさずエージェントの方はこう言いました。

 

Hawaii
いや、でも、データ分析だったり、データサイエンティストって書いてあるから、大丈夫だと思いますけどね! 一旦受けてみましょうか。

 

いや、ちょっと待って!!あなた絶対何もわかってないよね!!!!!

 

と、心の中で突っ込みました。

 

もちろん、「一旦受けてみる」という考え自体が必ずしも悪いわけではないのですが、

 

この人の場合は「データサイエンティスト」「データ分析」の仕事について理解がないことが、私から見ても明らかでした

 

そして、さりげなく、今までどんな方の転職支援をされてきたのか伺うと、

 

やはりデータサイエンティスト(や、データ分析関連)の実績はないことがわかりました。

 

こういう方は多いですし、特に気を付けていただきたいのは、

 

私のように転職自体が初めてのケースです。

 

いざエージェントの方とお会いするとその場の空気にのまれ、Noと言いづらく、企業を受験してしまうケースも多いです

(私も転職が初めてだったので、危なかったです。)

 

面接するだけならまだいいですが、もしどこかの企業に内定でももらって、またまた空気に飲まれて転職し

その企業が実は自分の志望と全くあっていなかった場合、その後の人生は目も当てられないでしょう・・

 

何名かのエージェントの方とお会いして、意外とこういった方は多く、私は自分の時間を無駄にしてしまったと感じました。

 

■耳より情報

転職未経験者だと知らない方も多いと思うのですが、一度企業の採用面接を受けて不合格になると、

 

「そこから向こう約1年間は再受験できない」といった制約を設けている企業があります。

 

そして、この事実を事前に教えてくれないエージェントの方は結構多いです

 

エージェントは基本的に、私たちが面接を受けたり、実際に転職をしたら企業から報酬をもらえることになっています。

 

ですので、エージェントとしても「まずは受験してもらわないと」という構造があるのです。

 

「考え込んで何も動かない」よりは「まずは面接を受ける」姿勢も時には大切ですが、

 

志望度が高めの企業をノリで受けるということは、あまりお勧めしません

3.最高のエージェントとの出会い

「うーん、世の中、転職ってこんなものなのかな・・・」

と思っていた私でしたが、いよいよ、運命の出会いをします。

 

とある転職サイトで面談のオファーを頂いたエージェントの方です。

 

最初は転職サイト上のメッセージでやり取りをしていましたが、

「AI業界での転職実績豊富」「未経験からのデータサイエンティスト転職の実績も複数ある」ということで、早速お会いしました。

 

お会いしてすぐ、「他のエージェントの方との違い」を実感しました。

 

・データサイエンティストと一口に言ってもいくつか職種があること

・私の今までの職歴として、適性があるのはAIコンサルタント(ビジネス寄りのデータサイエンティスト)であること

・未経験からの年収相場はこれくらいだが、私の今までの職歴と総合するとおよそこれくらいだ、ということ

 

こういった情報を非常に丁寧に説明してくださり、私の希望も親身に聞いてくださりました。

ちなみに私が話した希望の一部はこんな感じです。

 

・大企業ではなく、ベンチャーか中小企業の規模が良い

※大企業は社内調整といった本来的ではない仕事が多い可能性が高いことを、前職の経験から知っていたため

・とはいえ、来年潰れるかもしれないくらい規模が小さい会社は、リスク面で避けたい

・ビジネス寄りのデータサイエンティスト職に適性があることはわかったが、営業がしたいわけじゃない。
自分のデータサイエンスのスキルもしっかりつけられる仕事がいい

 

わがままですが、言うだけはタダですし、自分の人生に関わることなので、自分の希望はすべて伝えました

この希望で、良さそうな会社を2社選定いただきました。

 

また、そのエージェントの方は本当に素晴らしく、その2社の理念や、なぜ私に受験を勧めるのかという理由を丁寧に説明してくださりました

このエージェントの方自体が素晴らしいというのは言うまでもないですが、

 

そもそもデータサイエンティストへの転職実績が豊富でないと、私の伝えた希望に適切に返答をすること自体難しいと感じました

私はこのエージェントの方と出会ったとき、

 

「やっぱり、データサイエンティストへの転職実績があるエージェントの人に任せるのが一番安心だな」と感じました

 

結果として、2社を受験し、今の企業に内定を頂き、入社しました。

4.まとめ

ここまでのまとめです。

 

私は自身の実体験から、

「データサイエンティストへの転職を扱った実績がある」エージェントに出会うことの重要性を、強く感じました。

 

ただ、この経験を持つエージェントの方は他の業種・職種に比べるとまだまだ少ないので、

 

「大手サイトだけでなく、複数の転職サイトを使って、実績を持つエージェントの方と出会う確率を限りなく高めること」が、

未経験からのデータサイエンティスト転職を成功させる秘訣だと感じます。

 

「大手サイトだけを使って、その中でたくさんのエージェントと会えばいいのでは?」

と思われる方もいると思います。

 

別の記事にまとめようと思いますが、転職サイトを使うとオファーをたくさんいただきますが、

いわゆる「良い」条件が来やすいのは、その中でも特別なオファー(プレミアムオファーと呼んでいるサイトもありますね)です。

 

この意味で、大手サイトだけだとプレミアムオファーの数は(もちろん人によりますが)そこまで多くないので、

 

複数のサイトを使って、実績のあるエージェントと出会う確率を高めることをお勧めします。

 

まさに私の場合も、この「最高のエージェントの方」とは大手サイトではなく、比較的マイナーな転職サイトを通じて出会いました。

※その企業は、大手サイトは利用していなかったので、私が大手サイトだけを使っていた場合は、このエージェントの方とは出会えていなかったわけです。

 

とはいえ、手あたり次第に転職サイトに申し込みましょうと言いたいのではなく、

まずは2~3個の転職サイトに登録しておけば十分だと感じます。

 

また、転職サイトによっても登録しているエージェントのタイプが微妙に異なるので、

1つの転職サイトだけでなく、是非興味がある転職サイトに登録してみることをお勧めします。

 

今回はこの内容だけでかなりボリューミーになったので、別の記事で、

実際に私が使った転職サイトや、転職サイトのうまい使い方まとめを書いていきたいと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

未経験からデータサイエンティストに転職するためのロードマップ販売中

未経験からデータサイエンティストに転職した私のノウハウを凝縮したロードマップをnoteで販売中です(1,280円)。

巷にあふれる「勉強法」だけでなく、「勉強した内容をどのように実務で実践し」「転職ではどのような点が評価されたのか」といった入手困難な情報を、「私のリアルな実体験」としてお届けしています。

わずか4日間で60名超の方に購入頂きました!

ロードマップの無料部分を見てみる

-転職

© 2021 データサイエンス はじめの一歩 Powered by AFFINGER5