docker

【初心者向け】dockerの勉強におすすめのudemy講座を現役データサイエンティストが解説

dockerって聞いたことはあるけど、勉強した方がいいのかな。勉強のやり方もわからないや。。

 

こう思う人は多いのではないでしょうか。

 

この記事では、dockerの必要性・dockerのおすすめudemy講座について未経験からビジネス寄りのデータサイエンティストに転職した私の実体験をもとに紹介していきます。
Hawaii

 

結論を先に書くと、私がおすすめするudemy講座は

 

「米国AI開発者がゼロから教えるDocker講座」です。

 

本記事の目次は以下の通りです。

米国AI開発者がゼロから教えるDocker講座を見てみる

 

1.私の自己紹介

前職は全くの異業種(人材マネジメント)で7年働いていましたが、とあるプロジェクトへのアサインをきっかけに統計・プログラミング・機械学習を勉強し、AI分野への可能性を感じました

 

そして2020年4月からビジネス寄りのデータサイエンティスト(AIコンサルタント)に転職したので、転職してちょうど7か月が経過したところです

 

Hawaii
「統計・プログラミング・機械学習を勉強した」とは書いていますが、当時のプロジェクトを成功させるのに必要な箇所だけ勉強していたので、それまでは「docker」という単語すら知らない状態でした。

 

2.dockerとは

入社してしばらくしてdockerの存在を知った私ですが、

 

Hawaii
あの、dockerってなんですか?

 

と先輩に聞くと、こう言われました。

 

コンテナ型の仮想化環境を作ることだよ!

 

・・・笑。

という感想しか浮かばないくらい、何もわかりませんでした。

 

あれから多少はdockerを使えるようになった私の視点からdockerについて簡単に説明をしていきます。

 

dockerがないと何が困るの?

dockerを使わないと、チームで何かの開発をしているときにこんなことがたまに起こります。

そう、誰かのPCでは動くのに、他の人のPCでは動かないんです。

これは、人によって使っているOSやインストールしているもの、使っている環境の違いによって引き起こされるようです。

 

せっかく苦労して作ったプログラムコードが、自分のPCでしか動かなくて使えないなんてことになったら悲劇ですよね。

 

そこで登場するのがdockerです。

 

dockerは、ざっくりしたイメージでいうと、自分のPC上で、「まっさらな仮想のPC」を作れるようにしてくれます。

 

 

自分のPC上で作業するのではなく、仮想のまっさらなPCの上で作業をするので「自分のPCの状態に依存しない」プログラムコードを作ることができます

 

そして、その仮想のPC1台そのものを他の人に渡すことができるのです。

 

なので、他の人も同じ仮想PC上で作業をすることで、お互いのPCの状態に依存せず、かつお互い全く同じ環境で開発を進めることができます。

 

厳密には少し意味が違うのですが、ざっくりしたイメージ理解のための説明ですのでご容赦ください。

3.dockerの必要性

dockerがどういうものかなんとなくわかったところで、

 

dockerは必要なのか?という点について説明していきます。

 

結論、以下2つの理由から、「データサイエンスに興味がある方」はdockerを勉強しておいたほうがいいと感じます。

 

 

仕事で使うから

冒頭にも書いたとおりdockerは仕事で当然のように使うので、データサイエンティストやデータを扱う仕事に興味がある場合は勉強しておく必要があると思います。

 

※もちろん職場や部署、案件によってdockerを使わない場合もあるとは思いますが、今のところ開発時には使うケースが多いと思います。

 

dockerを使えないと学べない教材が増えてきたから

たとえばですが、比較的有名な「データサイエンス100本ノック」はdockerを使えないと取り組めないようになっています。

 

dockerを使わなくても学べるやり方を他の方が探して、適宜記事にしてネット上で公開してくださってはいますが、今後もこういった教材が出てきたときに、

 

Hawaii
すごく勉強したい内容なのにdockerが使えないから勉強できない

 

という状態になりかねません。

(データサイエンス100本ノックのときにまさに私がこの状態に陥りました・・。)

 

まとめ

以上2つの理由から、dockerはデータサイエンスに興味がある方は勉強しておいて損はない内容だと思っています。

4.dockerのおすすめudemy講座

ここから、私がおすすめするdockerのudemy講座を紹介していきます。

 

私がおすすめするのは、「米国AI開発者がゼロから教えるDocker講座」です。

 

米国AI開発者がゼロから教えるDocker講座を見てみる

 

この講座の講師

この講座の講師をされているのは、Twitterでも非常にフォロワー数の多いかめさんという方です。

 

かめさんは米国でデータサイエンティストをされている方で、ご自身のブログでもデータサイエンスに関わる様々な情報を非常にわかりやすく発信されています。

 

Hawaii
私は普段からかめさんをTwitterでフォローさせていただいているので、dockerを勉強しないといけないという危機感を持っていた時にかめさんがdockerの講座を発売されたことを知り、すぐに購入して勉強を始めました。

 

この講座を受けて良かったこと

私がこの講座を受けて良かった点について紹介していきます。

1.コマンドの「意味」を丁寧に説明してくれる

Hawaii
すごく正直に言うと、以前はdockerってつまんないなって思っていました。

 

なぜなら、ネットとかを見ると「コマンド(何をキーボードで入力すればdockerが動くか)」は載っているんですが、そのコマンドの意味がわからなかったので、無機質な、つまらないイメージが大きかったです。

 

この講座では、1つ1つのコマンドについて「何のためにやるのか」「どんな意味があるのか」を丁寧に解説されているので、自分の中で腹落ちさせながら学習を進めることができます。
Hawaii

 

2.講師と一緒に手を動かしながら勉強できる

講座によっては講師の方がコードだけ画面に映して、

 

あとでやっておいてください

 

というケースも多いです。

 

この場合、自分で実際に手を動かしたときに

 

Hawaii
え、この画面ってあってるのかな・・?

 

と不安になりながら進めることが多く、私はストレスを感じやすかったです

 

この講座ではかめさんの画面を実際に映しながら一緒に操作ができるので、

 

かめさんと同じ画面になってるから大丈夫だ
Hawaii

 

と安心しながら進めることができます。

 

特に、dockerは途中でしばらく待ったり、画面に赤い文字がぶわーっと書かれることがあります

 

Hawaii
これをもし初めて見た場合、絶対自分が何か間違えたと思って強制終了とかしていたと思います。

 

なので、かめさんが事前に同じ画面を見せてくださっていたので、

 

あ、こうなることが正解なんだな

 

安心しながら進めることができたのは、私にとっては非常に良い点でした。

 

以上、私がこの講座をおすすめする理由を紹介してきました。

 

Hawaii
私はこの講座を受講して、基本的なdockerコマンドは仕事で使えるようになりました。未経験からの転職ですが、dockerを使えるようになってきたことで少しずつ自信もついてきていると感じます

 

米国AI開発者がゼロから教えるDocker講座を見てみる

 

補足

この講座はかなりボリュームがあり、いきなり初心者がすべてを理解することが難しいかもしれません。

 

dockerとは何かまずは触ってみたいという場合、14あるセクションのうち、セクション6くらいまでを勉強してみるのがいいかもしれないと個人的に思っています。
Hawaii

 

※かなり量が多いので、いきなり全部できる必要はないという意図です。

5.まとめ

いかがでしたでしょうか。

dockerは身に着けておいて絶対に損はないスキルなので、年末年始やどこかの連休で腰をすえて勉強してみてはいかがでしょうか。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

米国AI開発者がゼロから教えるDocker講座を見てみる

 

以下の記事ではdockerだけでなく、データサイエンス全般のおすすめudemy講座をまとめているので是非チェックしてみてください。

未経験からデータサイエンティストに転職するためのロードマップ販売中

未経験からデータサイエンティストに転職した私のノウハウを凝縮したロードマップをnoteで販売中です(1,280円)。

巷にあふれる「勉強法」だけでなく、「勉強した内容をどのように実務で実践し」「転職ではどのような点が評価されたのか」といった入手困難な情報を、「私のリアルな実体験」としてお届けしています。

わずか4日間で60名超の方に購入頂きました!

ロードマップの無料部分を見てみる

-docker

© 2021 データサイエンス はじめの一歩 Powered by AFFINGER5