AIジョブカレ

【AIジョブカレ】評判はいかに!?現場の方にインタビューしてきた!

Hawaii
こんにちは、Hawaiiです。今回、ご縁をいただきましてAI技術専門講座を提供しているAIジョブカレ様(以下、AIジョブカレ)に取材をさせていただきました!

私自身、転職してから新しい知識やスキルを学ぶために、実はAIジョブカレの講座を調べていたところにちょうど取材の話をいただいたので、お話をいただいた時は本当にびっくりしました。

 

本記事をお読みいただくと以下が分かります。

本記事で分かること

・AIジョブカレの基本情報

・AIジョブカレで受講できる講座、目的別おすすめ講座

・AIジョブカレと他のプログラミングスクールや書籍・動画コンテンツ(udemy等)との違い

・他とは違う、AIジョブカレの転職支援について

・どんな人がAIジョブカレに向いているか

 

先にお伝えしておきますが、取材記事だからと言って「AIジョブカレ最高!」というよいしょ記事ではありません。取材では、「他のプログラミングスクールや書籍・udemyで学ぶのと何が違うのか」といった点や、「転職支援って他のスクールでもやっているけど、全然違う仕事を紹介されたなんて噂も耳にします・・ぶっちゃけそのあたりどうなんでしょう?」といったかなり突っ込んだ話も伺っています。

また、私は2019年に別のプログラミングスクールに3か月間通った経験もありますので、プログラミングスクール経験者という視点からも取材をさせていただきました。
Hawaii

 

本記事の対象読者は以下の方です。

本記事の対象読者

・AI、データサイエンス領域に興味はあるが何から勉強していいのかわからない方

・将来に向けてAI、データサイエンススキルをつけて転職まで視野に入れている方

・AIジョブカレについて知りたい方

 

本記事の結論は以下の通りです(基本情報や受講できる講座については本章をお読みください)。

 

少しだけ私の紹介をさせてください。

2018年12月から統計、Python、機械学習を学んだことをきっかけに2020年4月からビジネス寄りのデータサイエンティストとして未経験転職しました。先ほども触れましたが3か月間プログラミングスクールにも通っていたのでスクール経験者の視点と、実務経験者の視点の両方から取材をさせていただいたため、本記事の独自性(=本記事を読まないとわからないこと)も強いと考えています

 

本記事の目次は以下の通りです。

AIジョブカレを見てみる

無料WEB説明会のご予約はこちら

 

1.はじめに

Hawaii
本日はAIジョブカレを運営するエッジテクノロジー株式会社のAI教育事業部でマネージャーをされている久永さんにお話を伺います。久永さん、本日はどうぞよろしくお願いいたします。

 

久永 宏明さん

エッジテクノロジー株式会社

AI教育事業部 マネージャー

 

はい、こちらこそよろしくお願いします。

 

取材に入る前に、前半で私の方からAIジョブカレについての基本情報を紹介させていただき、その後取材に入っていこうと思います。私自身AIジョブカレにすごく興味を持っているので、自分も聞きたい!と思うことをどんどん伺っていきます!
Hawaii

2.AIジョブカレとは

Hawaii
具体的な話に進む前に、まずはAIジョブカレについて簡単に紹介していきます。

 

AIジョブカレはエッジテクノロジー株式会社という2008年創業の会社が運営しているプログラミングスクールです。

エッジテクノロジー株式会社の事業内容は主に以下の6つです。

 

事業内容

1.AI実装の⽀援、ビッグデータ解析コンサルティング

2.AIプラットフォーム「Edge Algo Platform」の販売

3.ITプロフェッショナル⼈材サービス

4.エンジニア向けAIスクール、法⼈研修事業『AIジョブカレ』の運営

5.AI⼈材に特化した中途採⽤⽀援

6.AIを⽤いた営業⽀援システム『GeAIne(ジーン)』の開発販売

 

ここでのポイントは、AIジョブカレを運営しているエッジテクノロジー株式会社自体がAI実装やコンサルティングを行っている点です。
Hawaii

 

プログラミングスクールはスクール事業単体の企業や、スクール事業に加えて人材サービスを取り扱っている企業が多い印象ですが、エッジテクノロジー株式会社は自社でも開発を行っているため、AIジョブカレは幅広い知見を持った企業が運営しているプログラミングスクールと言えます。

3.AIジョブカレで受講できる講座一覧と受講形態

それでは、いよいよこの項目から取材に入っていきます。その前に、まずはAIジョブカレで提供している講座一覧を紹介します。かなりボリュームが多いので3つに分けて掲載しますが、ここまで網羅的にまとめて紹介しているサイトはほぼないので是非チェックしてください。

※学割に「●」がついている講座は、学生の方は費用から30%引きで受講可能

 

【1】AIジョブカレで受講できる講座一覧

①初心者講座

(1)Python+数学超入門講座

対象者

・文系出身なので高校数学から学び直したい

・理系だが数学の記憶が曖昧

・基礎からしっかり学びたい

この講座は「何から始めていいかわからないから、基礎からしっかり学びたい」という初心者の方に最適です。Pythonの基礎に加え、数学は関数・数列・微分・偏微分・ベクトル・行列といったAIを学ぶ上で外せない内容を学ぶことができます。

私も文系出身で偏微分や行列は自分で勉強しましたが、数学はAIの理解のために外せない分野だと思います。
Hawaii

 

たまに、数学の勉強は不要と仰る方もいます。もちろん何をしたいかによるので一概には言えないのですが、仕事で上司やクライアントに説明するとき、「数学的な背景もある程度理解した上でないとわかりやすい説明はできない」と、私自身も実務経験を積む中で感じています。たとえ上司やクライアントに数学的な説明が不要であったとしても、です。

 

Python+数学超入門講座を見てみる

 

 

(2)Python+数学講座

対象者

・高校数学の知識はある

・Python未経験~初学者

・1か月で最低30時間の学習時間を確保できる

 

Python、数学ともに(1)より発展的な内容を扱うのがこのPython+数学講座です。(1)では変数・条件分岐・繰り返しといったPythonの基礎を扱いますが、この講座ではデータの可視化・Numpyといったより実践的な内容を学習していきます。また数学は転置行列や単位行列、対角化や確率分布について学びます。単位行列や対角化はよく出てくるので、この講座の内容までしっかりおさえておきたいところです。

 

Hawaii
主観になりますが、この(2)のレベルまで理解できると、有名な「はじめてのパターン認識(通称はじパタ)」を読む基礎レベルの力がつくと感じます。

 

Python+数学講座を見てみる

 

(3)SQL講座

対象者

・SQL未経験~初学者

 

SQLは全く馴染みのない方も多いのではないでしょうか。実は私も転職前は、恥ずかしながらSQLという存在自体を知りませんでした。SQLはデータ分析や機械学習モデルを構築する際、その前処理としてデータの抽出や前処理をするのに欠かせないスキルです。

Hawaii
私は転職した最初の月に、「Pythonも大事だけどまずはSQLを使えるようになろう」と上司に言われ、すぐにSQLの勉強を始めました。

 

今でもデータ抽出や分析に欠かせない存在になっているので、転職まで視野に入れている方はSQLはおさえておくといいでしょう。

 

SQL講座を見てみる

 

②初級講座

(4)機械学習講座

対象者

下記いずれかの経験年数半年以上が目安。学生でプログラミングを学んだ方や理数系出身者も参加可能。

・プログラミング経験者(Pythonだと尚良し)

・分析経験者

さすがに全くの未経験者がいきなり機械学習を学ぶのは無理があるため、対象者に条件がありますね。私自身の経験からも、受講後のギャップを少なくするためにも、基本的なプログラミングができることは前提の上で機械学習講座を受講した方がいいでしょう。

こちらは、AIジョブカレの公式ページから抜粋した機械学習講座で学べる主なコンテンツです。

後半の日程からは自分で手を動かす演習形式がメインであるため、ただテキストを読むだけの形式よりもはるかに身につきやすいです。ただ、裏を返すと実際に手を動かすには基本的なプログラミング知識が必須なので、やはり対象者として書かれているようにプログラミングの基礎はおさえた上で受講しましょう。より詳しい内容は以下の機械学習講座から確認することができます。

 

Hawaii
余談ですが、私は前職の時にシンプルな決定木やロジスティック回帰モデルを構築して実務で活用しました。そのときのワクワクした気持ちは今でも忘れられないですし、転職できたのもこのときの成果があるからです。興味がある方は是非機械学習講座、チェックしてみてください!

 

機械学習講座を見てみる

 

(5)統計+R講座

対象者

すべてのビジネスパーソン

※プログラミング経験者だと尚良し

※AIジョブカレの機械学習講座を修了していると尚良し

 

AI、データサイエンスを学ぶ上で統計は外せない学問領域です。私も約2年前に統計の勉強を始めましたが、今までの自分の世界が一気に広がった気がして、勉強することが本当に楽しかったです。「R」はPythonと同じくプログラミング言語で、統計のデータ解析に特化しています。Pythonに比べると聞き馴染みがないかもしれませんが、有名なデータサイエンスコンペの「Kaggle」でも解法の共有には主にPythonとRで行われています。

レベルとしては統計検定2級の範囲をカバーしているので、統計検定を視野に入れている方にとっても非常に有用な講座と言えると思います。
Hawaii

※プログラミング言語はPythonが良い、という方は(9)統計+Python講座を参照してください。

 

統計+R講座を見てみる

 

(6)インフラ基礎講座

対象者

・基本的に前提知識を持たない方が対象

・Linux CentOS/Ubuntu上での操作を行ったことがあると尚可

 

おそらく、この記事を見ていただいている方の中で一番この講座が馴染みがないのではないでしょうか。本記事冒頭で私自身、AIジョブカレの講座受講をちょうど検討していたと書きましたが、実はまさにその講座がこのインフラ基礎講座でした。

読者の皆様が将来何を目指されているかによりますが、私は現在人工知能開発企業でコンサルタントのような仕事をしています。その際、データ分析やAIモデル構築以前に、そもそもクライアント様のデータ基盤を整備することも重要な仕事で、インフラの知識がないと全く歯が立ちません

Hawaii
今までは上司にインフラ知識は担っていただいていましたが、今後よりスキルアップするためにインフラ知識は外せないと感じます。ですので、データ分析者や機械学習エンジニアに特化するのではなく、よりビジネス寄りのコンサルタントのような仕事をされたい場合は、インフラの基礎はいずれおさえる必要があると考えています。

 

インフラ基礎講座を見てみる

 

③中級講座

(7)ディープラーニング

対象者

・高校数学の知識はある

・プログラミング経験または同等程度の知識

・AIジョブカレの機械学習講座を修了レベル

・1か月で最低30時間の学習時間を確保できる

 

AIやデータサイエンスというと、ディープラーニングを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。ただ、当然難度は高いので高校数学レベルの知識、プログラム経験もしくは知識があることに加え、1か月で”最低でも”30時間確保できる方向けです。

1か月30時間だと1日1時間。そこまで多くない印象を受けますが、仕事によっては勉強できない日もあるはずなので、やはり本気で学ぶ意欲がないと厳しいんですね。
Hawaii

 

ディープラーニング講座を見てみる

 

(8)ケーススタディ実演講座

対象者

・AIジョブカレの機械学習講座とディープラーニング講座の修了レベル

この講座はその名の通り、学んだことを現場で生かすための講座です。こちらのカリキュラムを見て分かるとおり、様々な業種について実際にケーススタディで学んでいきます。

対象者を見て分かるとおり、基本的な機械学習やディープラーニングについて知識がある方向けの講座です。

 

ケーススタディ実演講座を見てみる

 

(9)統計+Python講座

対象者

・すべてのビジネスパーソン

※プログラミング経験者だと尚良し

※AIジョブカレの機械学習講座を修了していると尚良し

この講座はPython統計を実務活用できることを徹底的に意識した講座です。(5)の統計+R講座でも書きましたが、AI、データサイエンスを学ぶ上で統計は外せない学問領域です。

 

Hawaii
私も約2年前に統計の勉強を始めましたが、今までの自分の世界が一気に広がった気がして、勉強することが本当に楽しかったです

 

レベルとしては統計検定2級の範囲をカバーしているので、統計検定を視野に入れている方にとっても非常に有用な講座と言えるでしょう。

※プログラミング言語はRが良い、という方は(5)統計+R講座を参照してください。

 

統計+Python講座を見てみる

 

④その他

(10)G検定直前対策講座

その名の通り、年に3回実施されるG検定に向けた直前対策講座です。昨今、実務未経験でもG検定取得を目指す方は多いと思います。この講座は過去の出題テーマや傾向を分析したオリジナルの予想問題集で演習することができます。G検定は受験機会が多いわけではないですし、10,000円で受講可能なので最後の仕上げとして受講するのが最適ですね。

 

G検定直前対策講座を見てみる

 

(11)E資格対応パッケージプラン

E資格を目指す方向けのパッケージプランです。講座の内容自体は(2)Python+数学講座(4)機械学習講座(7)ディープラーニング講座のセットになります。E資格は「JDLA認定プログラムを試験日の過去2年以内に修了していること」とされていて、AIジョブカレの場合は(2)(4)の数学講座及び機械学習講座の試験合格、そして(7)ディープラーニング講座の講座受講&試験合格をすることで、誰でも受験資格が得られます。

 

E資格対応パッケージプランを見てみる

 

⑤どの講座を受講すべきか

ここからは、「ーーー」から始まっているのが私の発言です。

 

ーーーお待たせいたしました!ここから、AIジョブカレ様への取材に入っていきます。あらためまして久永さん、よろしくお願いいたします!

 

はい、どうぞよろしくお願いいたします!

 

ーーーあの、正直すごくたくさんの講座があって、全部魅力的に感じるので・・どれを選べばいいのか迷ってしまいます。そういえば、ホームページに「こんな人にはこの講座がおすすめ」っていうのがありましたね。

 

はい、少し紹介しますね。ホームページで紹介しているのは「未経験からAIエンジニアを目指す方向け」「未経験からデータアナリストを目指す方向け」「未経験からJDLAのE資格取得を目指す方向け」で分けています。

 

未経験からAIエンジニアを目指す方には、(3)SQL講座(2)Python+数学講座、(4)機械学習講座、そして(7)ディープラーニング講座の受講がおすすめです。

※総額349,400円(税別)

SQL講座を見てみる

Python+数学講座を見てみる

機械学習講座を見てみる

ディープラーニング講座を見てみる

 

続いて、未経験からデータアナリストを目指す方には(3)SQL講座(2)Python+数学講座、(4)機械学習講座、そして(5)統計+R講座がおすすめです。

※総額289,600円(税別)

SQL講座を見てみる

Python+数学講座を見てみる

機械学習講座を見てみる

統計+R講座を見てみる

 

最後に、未経験からJDLAのE資格取得を目指す方には機械学習に必要な数学講座、(4)機械学習講座、そして(7)ディープラーニング講座の受講がおすすめです。

※機械学習に必要な数学講座は(2)Python+数学講座の「数学のみ」の受講を指します。

※総額289,800円(税別)

Python+数学講座を見てみる

機械学習講座を見てみる

ディープラーニング講座を見てみる

 

ーーー何を目指すかによって受講すべき講座は違うということですね。

 

はい、講座を受講するにあたっては「目的」を決めることが非常に重要です。アナリストになりたいのか、AIエンジニアになりたいのか。もしくは資格に挑戦してみたいのか。「AI」と一言でいっても、なりたい姿や使いたい場面に合わせて必要なスキルは変わってきます

 

ーーーたしかに、私自身も転職してからコンサルタントとして働くにはインフラの知識も必要なのだと知りました。転職を視野に入れている方は「AIなんとなく学びたい」状態からもう少し深堀して、どんな姿を目指したいのかという”目的”をはっきりさせることは本当に大切だと思います。

 

【2】AIジョブカレの受講形態

ーーーここでは、AIジョブカレの受講形態について私の方から簡単に紹介していきます。AIジョブカレには大きく3つの受講形態があります。

 

ーーー今はこの状況なのでライブ配信がメインですが、いわゆる「通常の授業」がライブ配信です。ライブ配信は事前に日程が決まっているので計画的に学習を進めていきたい方に向いていると思います。そのライブ配信をそのまま生収録した動画を視聴できるのが動画受講です。e-learningは事前に「講座用」に授業が収録されていて、学習しやすいように細切れになっているので空き時間に少しずつ勉強したいという方に向いています

ただし講座によって受講できる形態が決まっているので、先ほどお見せした「AIジョブカレで受講できる講座一覧と受講形態」を是非チェックしてください!

また、この受講形態の詳細は無料説明会でも詳しく聞くことができます。無料ですし本当に何でも質問できるので、お気軽に予約してみてください。

 

無料WEB説明会のご予約はこちら

 

4.AIジョブカレと他のプログラミングスクールや動画コンテンツとの違い

ーーーここからは、読者の皆様も特に気になる点である「ぶっちゃけ、他のプログラミングスクールや書籍・動画コンテンツと比べた”AIジョブカレの売り”ってなんなのか?」について伺っていこうと思います。最近はプログラミングスクール以外にも初心者向けの書籍や、オンラインマーケットプレイスであるudemy等で非常に安価でレベルの高い講座が提供される中で、プログラミングスクールは高いだけでは・・?というイメージを持たれる方は多いと思います。ですので、他のプログラミングスクールとの比較ももちろんですが、こういった書籍や動画コンテンツとの違いについても聞いていきたいと思います。

 

まず始めに、私の事前リサーチでAIジョブカレの特徴として気になる主な3点について伺っていきます。

 

(1)レベルの高い講師

ーーー単刀直入な伺い方になってしまうのですが、(是非はさておくとして)実際にエンジニアやデータサイエンティストとして働いたことがない方が教えられているプログラミングスクールもあるようです。AIジョブカレについてはいかがでしょうか?

 

AIジョブカレは全員が実務家講師で、最前線で活躍されている方です。例えばですがGoogle、Facebook、リクルートといった企業に現在も所属されていたり、AIのスタートアップ企業で活躍している方に登壇していただいています。

 

 

ーーー・・・え!!そうなんですか。誰もが知っている(そして多くの人が憧れる)企業で実際に活躍されている方たちなのですね。ちなみに、そんなすごい人たちってどうやって採用されているんですか?ハイレベルな実務家講師の方は探してくるのだけでも一苦労だと思うのですが・・・。

 

主に2つのやり方があります、いわゆるスカウト形式です。LinkedInといったサービスも使いながら、優秀な方にお声がけさせていただいています。2つ目は、我々はAIジョブカレのスクール運営以外にAIのフリーランスの方の活用を推進する事業をしているんです。

 

ーーーあ、この記事の冒頭でもエッジテクノロジー株式会社さんは複数の事業を推進されていると書きましたが、その中のITプロフェッショナル人材サービスのことでしょうか。

 

はい、そこにご登録されている方の中で、特に優秀な方にこちらから声をかけさせていただいております。「優秀な方をこちらからスカウトしてくる」やり方なので、講師の方のレベルは高いと考えています。今は全部で約20名の講師の方に登壇いただいていますね。

 

ーーーなるほど、複数の事業を推進されている会社ならではの強みですね。私自身もプログラミングスクールに3か月通った経験があるのですごくわかりますが、本人の熱意や姿勢が一番大切なのは当然として、次に大切なのは講師の方だと思っています。ですので、優秀な講師の方が集まっている点はAIジョブカレさんの大きな魅力の1つだと、伺っていてすごく感じました。

 

(2)授業だけじゃない!豊富なフォローアップ

ーーーホームページで気になったんですが、就職支援の一環として合同説明会を開催されているんですね。プログラミングスクールは作られたコンテンツを受講して質問していく形式だけだと思っていたので、すごく気になりました。

 

はい、(4)のまとめにもつながるのですが、AIジョブカレの大きな特徴として「授業の提供だけでなく、最新の情報を受講生の皆様にお届けできる」点があると考えています。ですので、就職支援の一環として合同説明会や転職・副業・フリーランスに関するキャリアアップセミナーも定期的に開催しています

 

ーーー就職支援というと求人の紹介や面談がメインのイメージがすごく強いので、合同説明会やキャリアアップセミナーのようなサービスはなかなか聞かないですね。

 

我々でご提供しているセミナーではAIジョブカレ卒業生に登壇していただき、受講中や転職後のリアルな話を聞いていただくことができます。また、就職支援だけでなく、たとえばE資格対策講座では当社の卒業生(E資格合格者)が担当する輪読会も実施しています(参加者発表型)

 

ーーーえ・・輪読会のような勉強会を実施しているプログラミングスクールなんて、ほとんど聞いたことがないです・・!

 

ありがとうございます。こういった勉強会も通じて、受講生の皆様がよりスキルアップする機会を提供できればと考えております。

 

ーーー実務家講師の方からの高いレベルの授業に加え、他ではなかなか見つけられない合同説明会・キャリアアップセミナー、そして勉強会・・。本当にたくさんの角度でのフォローアップが用意されているんですね!

 

(3)料金体系

ーーー実は、AIジョブカレさんの受講を検討していたタイミングで料金を調べていてすごく驚いたのですが、他のスクールに比べて料金がかなり安いという印象を受けました。しかも、AIジョブカレを通じてお仕事が決まった場合は受講料が全額もしくは半額免除になるケースもあるんですね!

 

はい、機械学習講座を受講後に弊社を通じて仕事が決まった場合は機械学習講座を全額返金ディープラーニング講座の場合は半額返金になります。

 

ーーー実際、料金が決め手でAIジョブカレを選ぶ方も多いのかなと思いましたが、どうなんでしょうか。

 

仰る通りです。やはりプログラミングはやってみないとわからない部分も多いので、価格帯が決め手となって弊社を選んでいただく方は非常に多いです。

 

ーーー正直、料金がネックになるケースが非常に多いと思うので、この価格設定は魅力的ですね!

 

(4)まとめ

ーーー事前リサーチで気になった3点、講師の方の質・豊富なフォローアップ・料金体系について詳しく伺いました。すべて魅力的ですが、個人的には特に他のプログラミングスクールではなかなか聞かない豊富なフォローアップに興味を持ちました。

 

ありがとうございます。先ほど仰られていた「AIジョブカレと書籍やudemy等の動画コンテンツ」との違いについてですが、今お話ししてきたように「単純な講座の提供だけではない」点だと思っています。最前線で活躍する実務家講師から最新の情報を授業でお届けすることができますし、合同説明会やキャリアアップセミナーといった様々な情報提供もさせていただいています。

 

ーーーなるほど、受講する側の私たちはしっかりとスキルを学びながら、併せて最新の情報をキャッチアップできるということですね。転職を視野に入れている方なら分かると思うのですが、こういうAI関連の企業に限定したキャリアアップセミナーや説明会ってなかなか見つけられないと思うので、これらのサービスを無料で受けられるのは非常に魅力的だと思います!

 

無料WEB説明会のご予約はこちら

AIジョブカレを見てみる

5.【他とは違う!】AIジョブカレの転職支援サービス

(1)2つの転職支援サービス

ーーーこの記事を読んでくださる方の中に将来転職を視野に入れている方は少なくないはずなので、転職支援についてもかなり突っ込んで聞いていきたいと思います。ホームページを拝見すると、いわゆる通常の転職支援サービスと、AIジョブカレPROという2つの形態がある理解であっていますか?

 

はい、その通りです。

 

ーーーこの2つの違いは何なのでしょうか?どちらかでしか受けられないサービスがあるのでしょうか?

 

いえ、基本的に両方とも受けられるサービス(求人紹介や合同説明会、キャリアアップセミナーへの参加)に変わりはありません。

2つの違いは「転職活動をしたいタイミングが講座受講前なのか講座受講後なのか」と、「AIジョブカレPROはサービスを受けるためにいくつが条件がある」という点です。

 

 

ーーー・・・詳しく聞かせてください!1つ目の違いの、転職したいタイミングとはどういうことなのでしょうか。

 

通常イメージされるのは講座を受講して、知識やスキルをつけてから転職活動をするパターンだと思います。この場合は通常の転職支援サービスを受けていただきます。一方で、講座の受講前だけれどもすぐに転職活動を並行で行いたい!という方はAIジョブカレPROのサービスを受けていただきます。

 

ーーーなるほど。何かしら理由があって、講座受講前だけれども先に転職活動をしたいという方向けのサービスがAIジョブカレPROなのですね。たしかにあまりイメージがつかなかったです、ありがとうございます。ちなみにAIジョブカレPROを受講する条件とはなんでしょうか?

 

こちらです。さすがに全く何も知らない状況で未経験転職は難しいので、プログラミング経験1年以上という条件を設けています。

 

ーーーたしかに、本当に何も知らない状況ですぐAI企業に転職できるって逆に怖いですよね。

 

はい、ただし先に審査があるため、ご本人の辞退を除き高確率で転職が可能です(転職を保証するものではございません)。

 

ーーーそれはすごく魅力的ですね!ただ、この記事を読んで頂いている読者の方は転職を視野に入れているとはいえ、まだ確定していないし色々不安、相談したい・・という方が大半だと思います。AIジョブカレPROでは事前のカウンセリングを行っているので、1度気軽にカウンセリングを受けてみるのがいいですね。私自身もプログラミングスクールに通うときや、何かサービスの申し込みを検討するときは必ず事前の説明会やカウンセリングを受けてから申し込むようにしています

AIジョブカレPROを見てみる

 

(2)転職支援サービスの特徴

ーーー多くのプログラミングスクールが転職支援サービスは提供されていると思うのですが、AIジョブカレならではの特徴を教えてください。

 

他のプログラミングスクールでも転職支援はされていると思いますが、「AI市場への転職」を私たちはメインキーワードにしています

 

 

ーーーたしかに、AI市場に特化した転職支援って聞いたことないです。

 

また、先ほども話した通り、私たちはスクール運営以外にもAIプロジェクト支援やコンサルティング支援といった事業も行っておりますので、一般的には出てこないような求人も多数取り扱っています

 

ーーーなるほど。独自に幅広い事業をされているからこその強みがここでも生かされるのですね。

 

(3)転職先について

ーーーここまで、AIジョブカレの転職支援サービスについて伺ってきました。私は特にAI市場に特化している強みから、普通に探していたら見つからないような求人も取り扱っているという点に興味を持ちました!

 

ありがとうございます。

 

ーーーところで、あの・・・思いきって伺うのですが、プログラミングスクールの転職支援サービスって、「蓋を開けたら思っていたのと全然違う職種の仕事だった」みたいな噂をたまに目にするのですが、ぶっちゃけどうなんでしょうか・・・?

 

そうなんですか(笑)。まず、我々のクライアント企業は他の部署での採用を望んでいないので、仰られたような”違う部署”に行かされることはありません。主な就職先としてはAIスタートアップ系、商社といった企業のデータ分析職やDX部門関連の仕事が多いですね。また参考までに、今期で転職支援をさせていただいた方の中で退職者はいませんでした。この観点でも、ミスマッチは少ないと思っています。

 

ーーー退職者がいないってすごいですね!さっきの私の話は噂だとは思いつつも、リアルなお話を伺えて安心しました。

 

AIジョブカレPROを見てみる

無料WEB説明会のご予約はこちら

 

6.プログラミングスクールを受講してうまくいく人、いかない人

ーーーいよいよ取材も終盤です。ここまでAIジョブカレの講座や特徴、転職支援サービスといった様々なお話を伺ってきましたが、1つどうしても聞きたいことがあります。私自身プログラミングスクールに通った経験があるので痛感するのですが、「プログラミングスクールに申し込みさえすれば魔法のようにスキルもつくし転職できるなんてことはない」と思っています。

 

そうですね。

 

ーーー授業の内容を自分自身でしっかり時間を確保して勉強するのは当然として、それ以外にこういう人はうまくいっていて、逆にうまくいきにくい人はこんな人・・という特徴はありますか?

 

AIジョブカレの卒業生も先日話していたのですが、プログラミングスクール受講~転職で重要なのはスキルに加えて「コミュニケーション能力」「柔軟性」だと思います。ただスキルとして学んだだけだと自分の活躍できる領域がどうしても狭まってしまうので、非専門家にもわかりやすく説明する力は非常に重要だと感じます。

 

 

ーーーこれは私も同じ意見です。実際に私自身も今働いている中で、技術のことは詳しくないクライアントの方にどれだけ嚙み砕いて「つまりこういうこと」と説明できるかが重要だと感じますし、それができる人が色々な面で活躍されているなと思います。

 

ですので、技術をキャッチアップしていただくことも受講の上では当然重要ですが、併せてアウトプットしていくことで自身の理解も高め、コミュニケーションスキルをつけていくことが必要だと思います。

 

ーーーすごくよくわかりました、ありがとうございます。

 

また、今のような話は定期的に開催されるキャリアアップセミナーでも聞くことができます。キャリアアップセミナーではAIジョブカレの受講生・かつ転職成功者にも登壇してもらうので、先輩の生の声を聞くことができます。

 

ーーーAI市場への転職ってあまり聞く機会がなくてイメージもつきにくいと感じています。今みたいな話を聞けるのは、とくに転職を視野に入れている方にとってはすごく魅力的ですね

 

7.最後に

ーーー本当にたくさんのお話、ありがとうございました。最後に、受講を検討されている方に一言お願いいたします。

 

各産業の発展においてAIやデータサイエンスは今後無視することができない分野になるので、個人のキャリアアップや企業価値向上の意味でも多くの可能性を秘めていると思っています。最初は数学やプログラミングに難しさを感じると思いますが、まずは興味関心を持って知識を蓄えて、自ら発信していきながらAI人材を目指してほしいです。

 

また、私自身印象に残っているのは、AIジョブカレの卒業生(転職成功者)の言葉です。その方は以前は営業として数値に追われる日々でしたが、AIジョブカレを受講して転職したことで、周りから「一目置かれる存在になったと感じた」と仰っていました。その方自身の中身は変わっていないのに、です。もちろんどの仕事をするかは人それぞれの価値観ですが、今の自分の状況を変えたいと思っている方がいれば、是非挑戦していただきたいと思います。

 

ーーープログラミングスクールはあくまでツールで、そのツールを使っていかに自分のなりたい姿を実現するかが非常に大切ですね。本日はありがとうございました!

 

AIジョブカレを見てみる

無料WEB説明会のご予約はこちら

AIジョブカレPROを見てみる

 

8.まとめ

いかがでしたか。AIジョブカレについて基本的な情報から、ホームページからだけではわからないリアルなお話を伺ってきました。

本記事の結論を再掲します。

講座の提供だけにとどまらず実務家講師からの現場での最新情報やAIジョブカレならではの転職支援という大きな特徴から、AIジョブカレに向いているのは以下のような方だと感じました。

 

とはいえ本記事ですべてをお伝えしきれていなかったり、「ここをもっと知りたい!」と思う部分は人によって違うと思います。無料説明会ではAIジョブカレのより詳細な説明を聞けたり個別に疑問点や相談をすることができるので、少しでも気になった方は気軽に説明会に参加してみてください!

Hawaii
私も無料説明会に参加しましたが、参加者の皆さんはかなり細かい点まで質問していて、無料説明会の時間ぎりぎり(少し延長)まで使っていろいろ伺うことができました。

 

無料WEB説明会のご予約はこちら

AIジョブカレを見てみる

 

新しいスキル獲得、そして将来への挑戦として一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。本記事がその一助になりましたら幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

未経験からデータサイエンティストに転職するためのロードマップ販売中

未経験からデータサイエンティストに転職した私のノウハウを凝縮したロードマップをnoteで販売中です(1,280円)。

巷にあふれる「勉強法」だけでなく、「勉強した内容をどのように実務で実践し」「転職ではどのような点が評価されたのか」といった入手困難な情報を、「私のリアルな実体験」としてお届けしています。

わずか4日間で60名超の方に購入頂きました!

ロードマップの無料部分を見てみる

-AIジョブカレ

© 2021 データサイエンス はじめの一歩 Powered by AFFINGER5